ICJLEリモート参加 / ICJLE Remote Participation

日本語教育国際研究大会(ICJLE) では開催地で対面参加できない方のためにリモート登録枠を設けています。リモート登録には以下の特典があります。

  1. 3つの基調講演の録画へのアクセス
  2. 2つのシンポジウムの録画へのアクセス
  3. 発表者から提供された発表資料の閲覧
  4. リモート参加者向けに開催される大会後オンラインイベントへの参加(8月17日)
  • 基調講演の講師の一人であるパトリシア・ダフ先生の講演内容を日本語で理解を深める勉強会 (詳細)  
  • 国際交流基金の上級日本語専門家による実践的なワークショップ (詳細) 
  • リラックスした雰囲気の中でテーマごとに意見交換できる時間 (詳細)  

*大会は同時ストリーミングを行うハイブリッドではありませんのでご注意ください。


International Conference on Japanese Language Education (ICJLE) 2024 is offering a remote registration for those unable to attend on-site.  This remote participation registration includes the following.

  1. Access to recordings of the three keynote speeches
  2. Access to recordings of two symposiums
  3. Access to presentation materials provided by the presenters
  4. Participation in post-conference online events held on August 17
  • Study session to deepen your understanding of the lecture by one of the keynote speakers, Dr. Patricia Duff, in Japanese (Details)   
  • Practical workshop by senior Japanese language specialist from the Japan Foundation (Details)
  • Time to exchange opinions on themes in a relaxed atmosphere (Details)
    • *Please note that ICJLE 2024 is NOT a hybrid conference. 

リモート参加の登録 Remote registration


登録方法:ICJLEのウェブサイトよりご登録ください。

締め切り:7月15日迄

登録費:

一般US $80
学生US $40

カナダ在住CAJLE会員の方は、リモート登録費の補助があります。リモート参加補助をご覧ください。


How to register: Please register at the ICJLE website.

Registration deadline: July 15

Registration fee:

GeneralUS $80
StudentUS $40

CAJLE members residing in Canada are eligible for remote registration fee assistance. See ”Subsidized Registration Fees.

大会後オンラインイベント About Post-conference online event


日時:8月17日(土曜日):19:00-22:20(北米中部時間) 

お住まいの地域の時刻

Zoomリンク:イベント参加のためのZoomのリンクはイベント開催日の数日前までに登録者にお知らせします。

イベントの内容:詳細は以下をご覧ください。

* 本イベントは日本語での開催となります。


Date : Aug. 17 (Sat) : 19:00-22:20 (North American Central Time)

Zoom link :  A zoom link to join this event will be provided to the participants a few
                  days prior to the event date.

Event Details : Please see below.

   * Please note that this post-conference online event will be held in Japanese. 

1. 勉強会 / Study session (19:05 – 20:05)

勉強会要旨

8月1日に日本語教育国際研究大会 (ICJLE)で行われますパトリシア・ダフ先生による基調講演「多様性に取り組む:言語教育専門家としての社会化と言語教育現場でのカリキュラム変容を通して」は、約1週間後に大会登録者の皆様に録画(英語)が公開されます。

8月17日の勉強会では、ダフ先生のもとで第二言語社会化を研究し、博士課程を履修している山本大氏(PhD Candidate)をモデレーターにお迎えし、録画をご覧になった皆様とインタラクティブな勉強会を開催いたします。この勉強会は日本語で行います。

ダフ先生は基調講演の中で、今日の教育現場における公正性 (equity)、多様性 (diversity)、そして包摂性 (inclusion) 促進の重要性を踏まえ、私たち言語教育者がどのように多様性に関する知識と専門性を培っていけるのか、そして培った知見を日本語教育現場のカリキュラムや指導でどのように実践できるのかをお話しされる予定です。

勉強会では、参加者同士の対話を通じて、ダフ先生のご講演で取り上げられた課題への理解を深め、提案される現場での実践について、日本語教育を担う当事者同士で議論を深めることを目的としています。


On August 1st, a keynote lecture titled “Addressing “Diversity” through Professional Socialization and Curricular Transformation in Language Education” by Dr. Patricia Duff will be held at the International Conference on Japanese Language Education (ICJLE). A recording of the lecture (in English) will be made available to remote participants approximately one week later.

On August 17th, an interactive study session will be moderated by Masaru Yamamoto (Ph.D. Candidate), who is studying multilingual socialization under Dr. Duff. This session will be conducted in Japanese and is intended for those who have viewed the recording.

In her keynote, Dr. Duff will discuss the importance of equity, diversity, and inclusion in today’s educational contexts. She will discuss theoretical principles related to professional socialization and the development of expertise in relation to “diversity” and suggest ways of implementing them in contemporary Japanese language curriculum and instruction.

The study session aims to deepen participants’ understanding of the issues addressed in Dr. Duff’s lecture through dialogue among participants and to further discuss practical applications in the field of Japanese language education.

モデレーター

山本大  やまもと まさる (he/him)

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学大学院・教育学部言語リテラシー教育学科 PhD Candidate (博士候補生)。 研究テーマは、批判的応用言語学、多言語社会化、マルチモダリティ、最近では社会ネットワーク分析、学術知識の普及・応用など。2022年に米国応用言語学会にて大学院生賞を受賞。博士論文のプロジェクトでは、日本の大学に在籍しカナダの大学に留学している学部生が経験する多言語社会化—特に社会関係的複雑性—を探求している。


Masaru Yamamoto (he/him) is a PhD Candidate in the Department of Language and Literacy Education at the University of British Columbia. His research interests and professional commitments include critical applied linguistics, multilingual socialization, multimodality, and most recently, social network analysis, and knowledge mobilization. Masaru received the AAAL Graduate Student Award in 2022. His doctoral dissertation project is exploring the sociorelational complexities of multilingual socialization experienced by a cohort of undergraduate students from a Japanese university on a study-abroad program at a Canadian university.

2. ワークショップ / Practical workshop (20:15 – 21:15)

タイトル: 思考ツールを使った「思考の可視化」ー話し合い、つながっていくためにー

中込達哉先生(国際交流基金 上級専門家、アルバータ教育省)

要旨: 思考ツール(マンダラチャート)の活用例をご紹介します。「自分と向き合い、思考を可視化する」ことで他者とのよりより話し合いやつながりを目指します。

紹介例
① 授業内での会話活動(学習者)
② 文化紹介検討準備(日本語パートナーズ)
③ 研修共通目標作成等(教師)


Title : Visualization of Thoughts Using Thinking Tool Templates: Facilitating conversation and connection

I would like to share some examples of how to utilize mandala charts and mind map in:

1. Classroom Conversation Activities (for Students)
2. Cultural Introduction Preparation (for Nihongo Partners)
3. Workshop for course development (for Teachers)

By using the tools to consider and visualize one’s own thoughts, these examples aim to facilitate active conversation and lead to connections with others.

中込達哉先生のプロフィール

中込達哉先生(国際交流基金 上級専門家、アルバータ教育省 日本語アドバイザー)

2024年3月にK-12の言語教育を支援するカナダアルバータ州教育省の日本語アドバイザー(国際交流基金派遣)に就任しました。英国スターリング大学で教育学修士T.E.F.L/T.E.S.Lを取得し、これまで日本、マレーシア、イタリア、英国、ケニア、フィリピンで日本語教師をしてきました。英国では教師の皆さんと初等教育向け日本語教育プロジェクト「Ready Steady Nihon Go!」を推進しました。過去7年間は、主にアジアの中等教育に日本の方々を派遣する「日本語パートナー」プログラムで、やさしいにほんご、ティームティーチング、マインドマップ等の講義を担当してきました。

Tastuya Nakagome (Japanese-Language Senior Specialist, Japan Foundation, and Japanese Language Education Advisor, Alberta Education)

In March 2024, I was newly dispatched by the Japan Foundation to be the Japanese Language Advisor at International Education Services in Alberta Canada supporting K to 12 education programs. I have M.Ed. T.E.F.L/T.E.S.L, from the University of Stirling, UK. Including the UK, I worked as a lecturer or an advisor in Japan, Malaysia, Italy, Kenya, and the Philippines. In England, I worked together with teachers to promote Japanese Language education at the primary level through the Ready Steady Nihon Go! Project. Over the last 7 years, I have worked for a program called “Nihongo partners,” which dispatches Japanese citizens as NIHONGO Partners mainly to secondary schools in Asia. In the program I was in charge of team teaching, plain Japanese, and mind map.

3. テーマごとの意見交換タイム / Discussion time by themes (21:20 – 22:20)

今回のオンラインイベントで取り上げたテーマ、日本語教育に関連するテーマや最近  話題になっているテーマ等のお部屋から興味があるものをお選びください。時間中、他の話題に移動することも可能ですので、多くの参加者の方々との意見交換をお楽しみください。


a time for participants to exchange ideas on various topics in a relaxed atmosphere

リモート参加、リモートイベント、リモート参加補助等に関してのご質問はお問い合わせフォームでお願いいたします。


Please use the inquiry form for any questions regarding remote participation, remote events, remote registration support etc.


Copied title and URL